ダン・ブラウンは本書『ダ・ヴィンチ・コード』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「裸のランチ」「クラッシュ」「イグジステンズ」など、作品を発表する度に物議を醸してきた鬼才デビッド・クローネンバーグ監督。その最新作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」は、暴力によって人間の深層心理が浮かび上がる様を見事に描き出した、クローネンバーグ監督の新境地だ。05年カンヌ映画祭コンペティション部門に出品されて批評家たちの賞賛を浴び、賞レースでも注目を集めている。

 ある事件をきっかけに、突然ヒーローになってしまった男は、そのことから知られざる過去が暴かれて、幸せな生活が危機にさらされていく……。同名のグラフィック・ノベルをもとにした脚本と、サスペンスフルな物語が進むにつれ明から暗へ変化する映像が、キャラクターの心境の移り変わりを浮かび上がらせる。

 物語の主軸となるストール夫婦を演じるのは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのヴィゴ・モーテンセンと、「シークレット・ウインドウ」のマリア・ベロ。さらに「ビューティフル・マインド」「めぐりあう時間たち」のエド・ハリス、「蜘蛛女のキス」「ヴィレッジ」のウィリアム・ハートら、オスカー常連のベテラン俳優の演技が支える。
スポンサーサイト
art3_125x125.jpg
art1_125x125.jpg
art2_125x125.jpg
recommend2_125x125.jpg
recommend4_125x125.jpg
九州・沖縄
中国・四国
近畿
中部
関東
北海道・東北
楽天トラベル
shuffle06_728_90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。