ダン・ブラウンは本書『ダ・ヴィンチ・コード』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【※注意※】以下の記事は小説「ダ・ヴィンチ・コード」の一部ネタバレを含みます。これから読む予定の方は読了後に記事を読むことをお勧めします。

【Source】レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」の絵の中に隠された人物がいるという新説が発表され、話題を呼んでいる。近年、世界的ベストセラーとなった小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン著)では、失われた聖杯とは、これまで言われていたようなキリストが最後の晩餐で用いた杯ではなく、「マグダラのマリア(イエスによって回心した売春婦)」とイエスとの血統、即ち二人の子孫を指すという新たな解釈が成された。

またこれまで聖ヨハネと解釈されていた、キリストの左側に座る女性的な外見の人物は、実際にはマグダラのマリアであり、また二人の間に作られた「V」字型の空間はイエスの血を受けた「聖杯」=マリアの子宮を意味し、即ち二人の間には子供が出来ていたことを指し示すと結論している。

そして今回、この説を裏付ける新たな発見がなされたという。提唱者のフリオ・ナポリタニ氏によれば、このマリアとキリストの「V」字型の空間にかつてダ・ヴィンチが描いた子供らしき姿が描かれていたというのである。フリオ氏は以下のように記述している。

検証:検証に使用する画像はネット上で手に入るおそらく最もクリアーな画像である(これは最後の晩餐が展示されるサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会にて販売されている絵葉書のデジタルスキャン)。
スポンサーサイト
art3_125x125.jpg
art1_125x125.jpg
art2_125x125.jpg
recommend2_125x125.jpg
recommend4_125x125.jpg
九州・沖縄
中国・四国
近畿
中部
関東
北海道・東北
楽天トラベル
shuffle06_728_90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。