ダン・ブラウンは本書『ダ・ヴィンチ・コード』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード (2006)
THE DA VINCI CODE

メディア 映画
製作国 アメリカ
公開情報 SPE
初公開年月 2006/05/
ジャンル ミステリー/ドラマ/サスペンス

監督: ロン・ハワード Ron Howard
製作: ブライアン・グレイザー Brian Grazer
ジョン・コーリー John Calley
製作総指揮: トッド・ハロウェル Todd Hallowell
ダン・ブラウン Dan Brown
原作: ダン・ブラウン Dan Brown  
『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店)
脚本: アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman
撮影: サルヴァトーレ・トチノ Salvatore Totino
音楽: ハンス・ジマー Hans Zimmer
 
出演: トム・ハンクス Tom Hanks ロバート・ラングドン
オドレイ・トトゥ Audrey Tautou ソフィー・ヌヴー
イアン・マッケラン Ian McKellen リー・ティービング
アルフレッド・モリナ Alfred Molina アリンガローザ司教
ジャン・レノ Jean Reno ベズ・ファーシュ
ポール・ベタニー Paul Bettany シラス
スポンサーサイト

カバーの折り返し
〈モナ・リザ〉〈岩窟の聖母〉〈ウィトルウィウス的人体図〉――。
数々のダ・ヴィンチ絵画の謎が導く、歴史の真実とは!?
ルーヴル美術館館長ソニエールが館内で死体となって発見された。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大教授ラングドンは、フランス警察より捜査協力を求められる。ソニエールの死体は、グランド・ギャラリーでダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっており、さらに、死体の回りには、複雑怪奇なダイイングメッセージが残されていた。館長の孫娘でもあり、現場に駆けつけてきた暗号解読官ソフィーは、一目で祖父が自分だけに分かる暗号を残していることに気付く……。


From Publishers Weekly
Brown's latest thriller (after Angels and Demons)is an exhaustively researched page-turner about secret religious societies, ancient coverups and savage vengeance. The action kicks off in modern-day Paris with the murder of the Louvre's chief curator, whose body is found laid out in symbolic repose at the foot of the Mona Lisa. Seizing control of the case are Sophie Neveu, a lovely French police cryptologist, and Harvard symbol expert Robert Langdon, reprising his role from Brown's last book. The two find several puzzling codes at the murder scene, all of which form a treasure map to the fabled Holy Grail. As their search moves from France to England, Neveu and Langdon are confounded by two mysterious groups-the legendary Priory of Sion, a nearly 1,000-year-old secret society whose members have included Botticelli and Isaac Newton, and the conservative Catholic organization Opus Dei. Both have their own reasons for wanting to ensure that the Grail isn't found. Brown sometimes ladles out too much religious history at the expense of pacing, and Langdon is a hero in desperate need of more chutzpah. Still, Brown has assembled a whopper of a plot that will please both conspiracy buffs and thriller addicts.




閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。その暗号を解くことができるのは、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴーと、高名な象徴学者のロバート・ラングドンのみ。ふたりは事件の容疑者となる一方で、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず、彼が守り続けてきた、古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる。
art3_125x125.jpg
art1_125x125.jpg
art2_125x125.jpg
recommend2_125x125.jpg
recommend4_125x125.jpg
九州・沖縄
中国・四国
近畿
中部
関東
北海道・東北
楽天トラベル
shuffle06_728_90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。